住宅ローンはどんな審査をするのか?

住宅を購入する際、銀行から住宅ローンを組んで住宅を購入する人がほとんどです。

金額が大きいだけに、一括で購入というのはなかなか難しいですよね。

つまり、住宅ローンの審査に通らないと分譲の新築の住宅は購入できない人がほとんどなのです。

そして、これから申し込み後の審査の際、必ず個人情報の借金の履歴を細かく聞き取りで調査されます。

  • クレジットカードは自分名義でどのくらい枚数を保有しているのか
  • 毎月どのくらいの金額を最低の生活費で使っているのか
  • 借入はなかったか、万が一、借入があったのであればどこの会社からどのくらいここで借り入れていたのか?です。 また、過去に延滞等の事故はなかったか

これらの調査を踏まえて、借入ができるかどうか最終的に決まるのです。

審査の具体的な内容は多くの金融機関は一般にはこれを公表していません。

しかし、普通ここでよく言われるのが消費者金融と住宅ローンの厳しい影響です。

現在、あるいは過去に消費者金融を使っていれば、こういった住宅ローンの銀行の審査には合格できなく、これが比較すると通りづらいという話があるのです。


無審査キャッシング

消費者金融からの借り入れは住宅ローンの影響を与えるのか?

実際のところ、消費者金融と住宅ローンの因果関係はどうなっているのでしょうか。 消費者金融から借り入れがあったから絶対に審査に間違いなく通らないということはないようです。 まず、書類審査では何の項目を重要に見るのかと言えばどうでしょうか。 それは、住宅ローンの借入金額が年収の何倍であるのかです。 または収入の割合に対して返済比率がどのくらいであるのかという点です。 これが2016年現在では一般的にだいたい、年収の5倍~6倍です。 これは返済比率が30%~35%が範疇と言われています。 この範囲内に綺麗に収まっていれば、消費者金融が住宅ローンに影響しない場合があります。 ただ、これは過去に何度も悪質な延滞がある場合になります。 現在も複数個所から借り入れが続いているといった場合にはどうでしょうか。 審査がどうやっても残念なことに無事に通らないこともあります これは、個別でケースバイケースと言ったところでしょうか?。 そして消費者金融をオープンにしないで隠れて使用していたという汚れた履歴は、これは通常5年程度個人情報に間違いなく残ると言われています。 まずは、これは住宅ローンの審査を受ける前に自分の個人情報を郵便で自宅に取り寄せ、どのような判定の状態になっているかを確認してみるのもおすすめです。 もし、仮にミスで個人情報に相違があるのであれば、窓口で訂正の申し出等もできます。

銀行の傘下に入っている消費者金融会社

現在の消費者金融は住宅ローンの貸出先である銀行の傘下に入っている業者もかなり多く、昔ほど一般人のサラ金という抵抗感は薄れてきています。 収入に対して過度な金額でなければ、あまり影響に対して不安になる必要はありません。 そうなると消費者金融の過去の利用した履歴が住宅ローンの審査に響くのであれば、依頼をして完済証明書等を作成してもらい、銀行に提出する方法もあります。


フォーキャッシュ

このページの先頭へ