お金を受け取るまでのスピード重視で保証人は不要

現在の消費者金融は、申込みからお金の融資までスピードを売りにしている業者が多くなっています。 お金を借りたいという人は、今すぐとはいかなくてもできれば早めにお金を手にしたいという人が申し込むことが多いからです。 店頭や電話はもちろん無人契約機やインターネットなどです。 直接話をしなくても申込みが可能です。 更に言えばそれは且つ30分程度で申し込みならびに審査がここでは一度、終了するところもあります。 できれば早めにという人にとって、第三者の保証人が必要となると実際はどうなるでしょうか。 かなり時間と手間と労力がかかる上に、ここでは今の状態で保証人をお願いすること自体が、普通に考えて相当、難しいこともあります。 これがやはり最終的にはこのような異なる観点からも、比較して見ていきましょう。 このように、今の消費者金融では保証人を不要としているところが結果的には多いのです。

保証人で申込やすいのが消費者金融の特徴です

消費者金融は保証人が不要で、しかも審査に通ればすぐにお金が借りられると良いとこづくしのような感じもします。 保証人が不要であるのと引き換えに銀行系のローンに比べると貸出利率が高くなっています。 貸し出し利率が高い理由としては、いくつか原因が考えられます。 まず、より収益を上げるためですが、これは会社の経営として収益を上げるのは貸したお金を返済してもらう際の利息です。 そのため、ここではできるだけ貸出利率が高い方が収益は上がるのです。 他の銀行等と違って、個人への貸し出しを主としている消費者金融の貸出利率が高いのはうなずけるでしょう。 さらに保証人を不要としているため、支払いが滞った際に貸出をしたお金を回収できないリスクが高い点です。 返済が延滞した場合、通常は直接回収業務を行うかです。 またはグループ会社が回収業務を行います。 そもそも、消費者金融は延滞した際の回収業務のノウハウを持っているのです。 そして、これらの銀行系のカードローンの保障も、会社が行っている場合が何度かあります。 これらの回収業務やノウハウの蓄積も高い利率につながっていると考えても良いでしょう。 消費者金融は保証人が不要で手軽に申込みしやすいのです。 簡単に利用しやすい裏には、このように借りて本人が高い利率負担などがあることを覚えておかなければなりません。

原則債務者以外の人は返済の必要はなし

消費者金融は保証人を不要とした場合、このように返済が滞っても本人以外には返済をせまることはできません。 これは、現段階で法律でも禁止されている行為です。 これによって万が一家族の債務の支払いを求められても支払う必要がありません。 ただし、債務者本人が亡くなった場合には保証人の有無に関わらず債務も結果として相続されてしまいます。 ここで相続が発生してから3カ月以内に相続の放棄等の手続きをする必要がありますので、注意が必要です。


フォーキャッシュ

このページの先頭へ